「口臭」カテゴリーアーカイブ

歯磨きをしても口が臭い理由は?

口臭対策として歯磨きをしているのに、なぜか口の臭いが消えない……。そんな悩みを抱えている方は、口の中の匂いが口臭の原因ではない可能性があります。キラハクレンズを購入

というのも、口臭の原因として多く見られるのが、「胃腸からの匂い」。胃腸がうまく消化できず、胃の中のものが長時間滞在し、悪臭の元になっているのです。とくに、酒やタバコが大好きな方、毎日ストレスを感じている方、辛いものが好きな方はこのケースに該当しやすい傾向があります。

こうした胃腸由来の口臭を改善するには、食生活の見直しが必要不可欠です。タバコやお酒はできる限り少なめに。また、油物など消化の悪いものは避けるよう心がけましょう。さらに、早食いは胃に負担がかかるためNG。食べた後にすぐ寝る生活サイクルも、胃の働きを低下させてしまいます。寝るまでの時間に余裕があるタイミングで、ゆっくりとよく噛んで食事をしましょう。

また、過剰なストレスは胃に悪影響を与えてしまいます。1日の中でリラックスできる時間を用意するなど、ストレス解消の場を設けておきましょう。

歯磨きをしても口臭がなかなか改善されない方は、まずこのような生活を意識してみてください。大切なのは、胃に優しい生活を継続することです。まずは1週間、胃に負担がかからない毎日を過ごしてみてくださいね。

日々のちょっとしたケアの積み重ねで口臭を緩和

コロナウイルスの蔓延によって毎日マスクをする生活になりました。

辛口評価!ブレスマイルウォッシュ愛用者のネット上の評判や私の口コミをご報告!

そのせいか、自分のマスクの中にこもる口臭がとても気になるようになりました。マスクを超えて、喋っている人にも自分の口臭が気づかれないかなどとても気にしてしまうようになりました。そこで私は日々のお口のケアを丁寧に、ひと手間プラスしてすることにしました。例えば、ブラッシングでは、今までなんとなく適当に磨いていたものを、しっかりと歯と歯茎の間に毛先が当たるように磨き、歯の一本一本を意識して丁寧に磨くようにしました。

それに加えて、ブラッシングの後はフロスをして、歯間の汚れもその日のうちにしっかりと取るようにしました。また、夜寝る前と朝起きた時にマウスウォッシュをして、お口の中を殺菌するようにしました。これを毎日しっかりとやるだけで、自分で感じる口臭はだいぶ緩和されたように感じます。これにプラスして、人と会う前や外出するときにはマウススプレーをしたり、こまめに水分を取り、口の中が乾いて雑菌が繁殖しないように心がけました。口臭が気になってしまうと人と会うのがおっくうになってしまいます。せっかく人と会える機会を楽しむためにも、毎日のお口のケアはこれからも丁寧にしていきたいと思っています。

体調と口臭は比例する??

私には3歳と1歳、2人の子供がいます。

歯のケアには力を入れている方だと思っていて、歯医者にも3ヶ月に1度、クリーニングやフッ素に行っています。

ブレスマイルウォッシュ

歯のケアに力を入れていると言っても、3歳と1歳なのでもうなんでも食べられるようになっていて、特に食べ物の制限もしていないのでお菓子を食べたあとや臭いの強いものを食べたあとはもちろんその食べたものの臭いがしますが、歯磨きとマウスウオッシュでだいたい消えます。

ですが、歯磨きとマウスウオッシュを使っても中々臭いがなくならないときがあります。

それは身体の体調が悪くなるときです。

風邪のひきはじめや 風邪をひいているときの口臭はどうしても気になります。ですが、母としては口臭の変化で体調悪いのかな?とすぐに分かるので、日頃から歯磨きとマウスウオッシュをして体調の良い時と悪い時の差が分かるようにしておいて良かったなと感じます。

クサイ!と悪く思われがちな嫌な口臭ですが、子供のうちは身体の変化を上手く伝えられずどうしても親が気づいてあげなければいけないため、子供の将来のためにやってるのが1番の理由ですが、親もすぐに気づいてあげられるように日頃からの口臭チェックは大切なことだと思います。

口臭を断つ歯磨きの仕方

口臭というのは、普段あまり気にしていなくても、マスクをするとその臭いに気がつくものです。そして、マスクを取ると分からなくなるため、余計に気になりますね。口臭の原因はいくつかありますが、その中の一つは、口の中の食べかすです。口の中の食べかすは、歯磨きをしないと増えていきます。また、磨いているつもりでも、歯の間にある磨き残しや磨ききれない奥歯に残った食べかすが臭いの元になってしまいます。

ブレスマイルウォッシュ効果!

それを防ぐには、歯ブラシの使い方が重要になってきます。歯ブラシを歯に対して横にして撫でるように磨くのではなく、歯に対して縦に入れて歯の一本一本、歯と歯の間にも歯ブラシを当てるように磨くことです。奥歯は磨きにくいのですが、口を横に広げるようにして磨くと良いでしょう。歯の生え方によっては、歯ブラシを適切に使っていても歯と歯の間に残ってしまうことにあるでしょう。そういう場合は、歯間ブラシを使うとよく取れます。

張った糸を歯の間に入れるタイプと、歯茎の間に入るくらい小さなブラシのタイプと二種類ありますので、自分の歯がどちらに合うかを試してみると良いですね。それでも気になるようでしたが、口内洗浄液を使うとすっきりします。忙しいからと口に含んですぐに吐き出すのではなく、口の中を何回か往復させる要領でするとうまくいきます。アルコールやミントなどの刺激が苦手な場合、それらの刺激物質が入っていないタイプも売っているので、それを活用するのも良いですね。

口臭は自分が気がつかないことが多い

私は20歳の頃、歯科助手の仕事をしていました。評判以上!キラハクレンズを使って口臭ケアとホワイトニングした私の口コミ!

歯科助手の仕事をするまでは、口臭を気にしていなかったのですが、仕事を始めてから口臭をとても気にするようになりました。

他人の口からの口臭も気になるし、自分からする口臭も気になるようになってしまいました。特にエレベーターなどで口臭の独特な臭いを嗅ぐと誰なんだろうと思ってしまうし、もしかしたら自分も気がつかないうちにこの口臭の臭いを出しているかもしれないと不安になってしまいました。口臭が気になるようになってからは、念入りに歯ブラシをするようになり、それまではやっていなかったフロスをするようになりました。

20代の頃はフロスをしても特に気になることはなかったのですが、30代になるとフロスをした後のフロスの臭いが気になり出してきました。フロスは毎日すると歯と歯の間に隙間が出来てしまうと聞いたので、毎日ではなく少し日にちを空けてやっていたのですが、日にちを空けてフロスをした時の奥歯のところをやった時のフロスの臭いすごく臭いがしていてすごくショックでした。

それからはなるべく奥歯だけは毎日フロスをするようにしました。口臭は自分が気にしていなくても、他人が気にしてしまうことがあるので気をつけようと思っています。

お口のケア習慣というのは

口の香りはお口のケアが習慣がないときつくなります。どんどんきつくなっていくことでしょう。ブレスマイルウォッシュ愛用者

色々とトラブルになる理由はありますが、とにかく多くの口臭が悪くなるようになるよう要素が詰みあがっていくことです。

では、どんな口の中の習慣としてなにをするのかといえますがそれはブラッシングです。それと口の中の乾燥がよくないのでうがいとか口を漱ぐといったようなことをしましょう。

これだけでも存外、口の中がリセットされることになります。致命的によくないのは煙草です。煙草は百害あって一利なしということです。

食べたものもそうですし、睡眠、ストレスなどが口の中を悪くすることがありますから、ストレス解消も必須です。睡眠不足なんかは間違いなく体調に影響があることになりますから、これは大きなポイントになります。

最近では様々な口の中の消臭グッズのようなものがあります。こうしたものを継続的に使うということが重要です。お金がかかることではありますが、別に何万円もかかるようなことではないです。日々、そうしたことをすることは面倒でしょうけど結果として費用的に、手間的に安くつく、ということがあったりします。それがお勧めになります。