お肌のケアにコットンは大切

スキンケアをするときに手のひらにお化粧水などをとり、お肌になじませていました。最近はお肌の乾燥が気になり、うるおい効果、しっとりタイプのお化粧水に変えました。うるおいはありますが物足りなさを感じていました。「しっとりタイプのスキンケアに変えたのにどうして乾燥が気になるの」とスキンケアのことばかりを考えていましたが、私の方法がよくなかったのだと気がつきました。それは化粧品店の美容部員さんから言われて気がつきました。スキンケアをするときはコットンをつかったほうがいいということでした。

シロイストの効果を徹底検証!話題の美容液の口コミを辛口評価でお届け!

コットンを使うことでお化粧水、乳液がお顔全体に均一にのばせるのです。手のひらとコットン使用のスキンケアではお肌の角質層の水分量が1.5倍近くもちがいます。同じ使用量でお肌に吸い込まれていく量が変わるのならコットンを使ったほうがいいです。コットンをつかうようになってからうるおいとツヤがちがいます。お肌にさわったとき「うるうる・ツヤツヤ・プルプル」を実感できます。手のひら、コットン使用のスキンケアでこんなにもお肌のうるおいにちがいがでるなんておどろきました。乾燥が気になるときはコットンマスクをしてお肌にうるおいをあたえています。たっぷりのお化粧水をコットンにのせて、2枚にさき気になる場所にはるとしっとりします。コットンがだいじなアイテムだと気がつきました。