大人ニキビはさまざまな原因によって起こる

ニキビは皮脂の分泌が過剰になることが大きな原因です。思春期の頃は、肌の皮脂の分泌量がもともと多いためにニキビができやすいのですが、大人になると皮脂の分泌量も徐々に落ち着いてきます。しかし、大人になればニキビができないというわけでもなく、さまざまな原因で皮脂の分泌が過剰になり大人ニキビができます。シルクリスタ

大人ニキビができる原因としてまずあげられるのがストレスです。大人になれば日々働く必要がありますし、職場や近所との付き合いなども必要です。この仕事や人間関係でストレスが発生し、自律神経が乱れて皮脂の分泌が過剰になることがあります。

また、大人ニキビは年齢を重ねることも原因です。年齢を重ねると肌サイクルが遅くなって古い角質が残りやすく、このことで毛穴を詰まらせてニキビが発症することもあります。その他にも、バランスの悪い食事も原因となることがあるので注意が必要です。

当然ですが、脂っこい食事ばかりをしていると皮脂の分泌量も増えてしまいます。バランスの悪い食事では、皮脂の分泌を抑える効果のあるビタミンBなども不足しがちです。ニキビができやすい人は、こまめにスキンケアをする人は多いです。しかし、過剰な洗顔は必要以上に皮脂を取り除くため、肌が乾燥を防ぐために必要以上に皮脂の分泌量を増やしてしまいます。このように、大人ニキビは複数の原因が重なることで皮脂の過剰分泌を招いて発症します。