甘いものを控えひたすら歩くダイエット

出産をして子どもがもうすぐ一才になる頃、友人の結婚式に出席することになりました。友人の結婚式に出席するということは、フォーマルな服装を着ていくことになります。しかし鏡に映る自分は出産を経験して子どもに合わせた生活になり、妊娠前とは様変わりした自分でした。しかしその体型に合わせたフォーマルな服を買う余裕はなかったため、ダイエットを決意しました。

http://hellolichipan.com/

ダイエットの期間は友人の結婚式が行われ約5ヶ月先です。子どもが小さいためまとまった時間はとれないので、とりあえずこまめに動くことと食事を改めることから始めました。ご飯を食べる時間をまとまってとることもその時は難しかったので、こまめにおやつを食べる生活が続いていたのでそれをやめることにしました。そして、代わりにミニトマトを食べていました。これまで甘いおやつなどを食べていたので慣れるまではきつかったですが、そんな時は鏡に自分を映して、このままではダメだと言い聞かせて頑張りました。

また、これまであまり運動をしていなかったのでしまりがない体でしたが、天気の良い日は抱っこ紐で子どもを抱っこして日傘をさしてひたすら歩くということをしました。子どもも寝てくれるし私はいい運動になるし一石二鳥だと思い続けました。友人の結婚式までは、甘いものも油っぽいものも控えるようにしていたのでとても辛いと感じることもありましたが、結婚式までに持っていたフォーマルなドレスも着れるようになり良かったです。