天候や場所で油断しないで!紫外線対策にサンスクリーンを!

女性のお肌の曲がり角は19歳なんて言われます。でも、25歳すぎてからも30歳からでも、もっと上でも肌のお手入れは遅くはありません。絶対にやっておくべき紫外線対策では、室内用向けのケア用品が続々市場に出回ります。高原や西日の日当たりが強い地域に住んでいたり、カーテン越しでも、紫外線相手は、油断大敵です。

http://www.liselendais.com/

肌への負担の少ないデリケート肌用商品を選ぼう
室内で使用するサンスクリーン、もちろん屋外でも使用しなければなりませんから、出来るだけ肌への負担を減らしていきたいものです。そこで、デリケート肌専用のサンスクリーンであるとか、spf値の低い製品を選ぶ方法もあります。

優しい色味のサンスクリーンを選ぼう
色味の優しいサンスクリーンで充分です。自宅でくつろぐ時などは素肌を感じさせるようなベージュがおすすめ。室内用だから、製品価格は安いということもなく、探しにくいことがちょっとしたデメリット。それでも、日当たりの強い地域では、室内に居ても紫外線からお肌を守る術が必要です。

紫外線ケアは一年を通して長期的に行いたいもの、曇り日でも雨天でも、空の下では紫外線は降り注いでいますから必ず日焼け止めを使うようにしましょう。