歯磨きをしても口が臭い理由は?

口臭対策として歯磨きをしているのに、なぜか口の臭いが消えない……。そんな悩みを抱えている方は、口の中の匂いが口臭の原因ではない可能性があります。キラハクレンズを購入

というのも、口臭の原因として多く見られるのが、「胃腸からの匂い」。胃腸がうまく消化できず、胃の中のものが長時間滞在し、悪臭の元になっているのです。とくに、酒やタバコが大好きな方、毎日ストレスを感じている方、辛いものが好きな方はこのケースに該当しやすい傾向があります。

こうした胃腸由来の口臭を改善するには、食生活の見直しが必要不可欠です。タバコやお酒はできる限り少なめに。また、油物など消化の悪いものは避けるよう心がけましょう。さらに、早食いは胃に負担がかかるためNG。食べた後にすぐ寝る生活サイクルも、胃の働きを低下させてしまいます。寝るまでの時間に余裕があるタイミングで、ゆっくりとよく噛んで食事をしましょう。

また、過剰なストレスは胃に悪影響を与えてしまいます。1日の中でリラックスできる時間を用意するなど、ストレス解消の場を設けておきましょう。

歯磨きをしても口臭がなかなか改善されない方は、まずこのような生活を意識してみてください。大切なのは、胃に優しい生活を継続することです。まずは1週間、胃に負担がかからない毎日を過ごしてみてくださいね。