口臭を断つ歯磨きの仕方

口臭というのは、普段あまり気にしていなくても、マスクをするとその臭いに気がつくものです。そして、マスクを取ると分からなくなるため、余計に気になりますね。口臭の原因はいくつかありますが、その中の一つは、口の中の食べかすです。口の中の食べかすは、歯磨きをしないと増えていきます。また、磨いているつもりでも、歯の間にある磨き残しや磨ききれない奥歯に残った食べかすが臭いの元になってしまいます。

ブレスマイルウォッシュ効果!

それを防ぐには、歯ブラシの使い方が重要になってきます。歯ブラシを歯に対して横にして撫でるように磨くのではなく、歯に対して縦に入れて歯の一本一本、歯と歯の間にも歯ブラシを当てるように磨くことです。奥歯は磨きにくいのですが、口を横に広げるようにして磨くと良いでしょう。歯の生え方によっては、歯ブラシを適切に使っていても歯と歯の間に残ってしまうことにあるでしょう。そういう場合は、歯間ブラシを使うとよく取れます。

張った糸を歯の間に入れるタイプと、歯茎の間に入るくらい小さなブラシのタイプと二種類ありますので、自分の歯がどちらに合うかを試してみると良いですね。それでも気になるようでしたが、口内洗浄液を使うとすっきりします。忙しいからと口に含んですぐに吐き出すのではなく、口の中を何回か往復させる要領でするとうまくいきます。アルコールやミントなどの刺激が苦手な場合、それらの刺激物質が入っていないタイプも売っているので、それを活用するのも良いですね。